バイアグラとそのジェネリック薬の違い

有名なED治療薬はネットでもテレビでもニュースになるものです。
レビトラとバイアグラ、シアリスの3つは日本でも認可され、クリニックで処方してもらえるED治療薬なので、メジャーな薬でしょう。
それぞれ特徴があり、食事の影響をあまり受けないとか、効果持続時間が特別長いなど、長所と呼べる部分があるので、状況に応じて選ぶこともできます。
その中でオーソドックスなのがバイアグラです。
この薬はED治療薬の中でもトップクラスの知名度と勃起力の強さを誇っており、主成分シルデナフィルと共に、世界的に有名な薬になりました。
登場からすでに20年程度経過していますが、まだまだ人気に衰えは見えません。
それは、この薬がED治療に確実に効果があり、安全性も確かめられた優秀な薬だからです。
バイアグラの効果持続時間は3時間から6時間と短く、飲んで効果が出てきたらすぐにセックスするのが正しい利用法と呼べます。
また、副作用として顔のほてり動悸、息切れ、頭痛などが起きるものです。
これらは一過性なので、長く続くことはありません。
一方、バイアグラのジェネリック薬としてインドの製薬会社が作ったシラグラは、主成分シルデナフィル、副作用、効果持続時間などすべてにおいて同じ薬に仕上がっています。
もちろん製法と製造会社が違いますので、完全に同じとはいきませんが、主成分が同じなので、当然同じ効果が得られるわけです。
ただ、決定的な違いは値段の安さであり、この薬がインドで作られたジェネリック薬である点がすべてに関わっています。
インドの特許に関する法律は他国と違い、オリジナルの薬に対して同じ成分の薬を作っても特許料を払う必要がありません。
そのため、水虫薬からAGA治療薬まで、かなりの数のジェネリック薬がインドで製造、販売されているわけです。
件のシラグラもED治療薬バイアグラのジェネリック薬であり、インド国内での厳しいチェックを経て国内外で売られています。
もともとのバイアグラの価格が高すぎるので、非常に割安なシラグラにお客が流れるのはなんとなく納得できるでしょう。
ただ、今の世の中はまがいものもけっこうまかり通っている時代で、ネット通販で個人輸入をして、にせものをつかまされる話はちらほら聞きます。
これは、メーカーさんから直接取引のない悪質業者や、販売ルートが確立しておらず、できたての業者に多いです。
これら信頼できない業者から買うと、にせものの確率が高くなってしまいます。
信頼できる正規品を買いたいのなら、個人輸入代行業者さんの中でも老舗と呼ばれ、ネットでも評価が高いサイトで買うといいでしょう。
お客との信頼関係を大事にしてくれる業者さんなら、リピーターになってくれることを望むため、悪いことはしません。
インドの製薬技術が生み出したシラグラは、バイアグラの効果を安値で実感できる名薬です。
これを使わないのはもったいないですから、信頼できる業者さんから本物を手に入れる努力をしましょう。

Comments are closed.